【居酒屋のホール】若いうちに居酒屋でバイトしたからこそ悟った人間の汚さとお酒の怖さ。

【居酒屋のホール】若いうちに居酒屋でバイトしたからこそ悟った人間の汚さとお酒の怖さ。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
居酒屋のホール

【当時の住まい】
賃貸アパートで一人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
初めてのバイトということもあって、お店で働く人や業務内容が気になったので、友達が働いているという理由で居酒屋で働きました。

【環境と仕事内容】
個人経営の小さな居酒屋のため、チェーン店のようには忙しくはなかったです。
オーナー一人とバイト生が10人前後いたので、シフトは少なかったです。
週に2回は入れれば良いほうでした。
居酒屋のホールだったので、食事の配膳や接客、簡単なカクテル作りをしてました。
大学が近くにあったため、大学生の団体のお客さんが多かったです。
何かのイベントの打ち上げで利用されているようでした。

【大変だった時期】
働き始めが一番苦労しました。




【大変だったこと】
一番は酔っぱらったお客さんの吐瀉物を掃除することです。
トイレの便器に吐いていてくれたらよいものの、ごみ箱の中に吐いたり、便器までたどり着かずに壁や床に吐いたり、飲食している机で吐いたりしていました。
なぜ従業員が客の吐瀉物を片付けないといけないのか。
一緒に飲んでる他の客がやればいいのに。
やりたくなかったら、客同士でお酒を制限するなり方法はあると思うんです。
それなにの量を飲んでくれるとある程度忙しいので働いてる感が出て良いんですけど、飲み過ぎて吐くんじゃないかと警戒します。
うちの居酒屋は飲み放題プランを注文するお客さんが多いので、10人前後でちまちまお酒を飲む団体のときは、飲み放題終了時間まで暇なので、ずっと立ってるのもきついです。

【大変だった期間】
最近はコロナの影響で休みが多いため、一時的といえば一時的ですけど、ずっとといえばずっとですね。




【当時の心境】
楽しかったのは一緒に働くバイト生のとの会話です。
他のバイト生も自分と同じ大学の学生だったので、学部の様子やサークルの様子がきけて面白かったです。
でも居酒屋で働くうえで酔っ払いに絡まれるとか、吐瀉物の処置をした後は行くのが嫌でした。

【職場が大変だった原因】
職場が大変な理由は、仕事内容ですね。
居酒屋のホールという仕事の性質上仕方ない部分はあります。
自分に落ち度はないと思っています。
お客さん次第なので。




【仕事で良かったこと】
充実していた時は、年末年始の繁忙期ですね。
出勤回数が増えることで嫌なことももちろん増えましたけど、その分バイト仲間と話す機会が増えて、一緒にご飯に行くような仲にもなれたので。
あと、お酒に詳しくなれたのも嬉しかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
吐瀉物の件で、机で吐いた人がいたということを書いたんですが、その時が今のところ最悪の思い出ですね。
うちの居酒屋は大学の近くでしかも飲み放題プランがあるということで、大学生の団体のお客さんが多いです。
そのため、飲みなれてないのに無理をして飲んだり、他者から無理やり飲まされたりと大学生らしいというか、若い人ならではの飲み方をするので、つぶれる人が多いです。
さらに最悪なのは、その団体が陽キャで編成されていることでした。
うちの居酒屋ではイッキを禁止していたのですが、従業員の見てない隙をついてイッキ飲みをしているお客さんが多かったようで、気づいた時には机で吐いてる人が3人ほどいました。
いつもなら吐いても一人、しかもトイレで吐くのに。
その団体は今のところ出禁です。




【相談した人・助けてくれた人】
愚痴をこぼす相手は同じバイト生やお店のオーナーです。
上記したようにあまりにも態度が悪いお客さんなら出禁という手が使えましたし、ブラックリスト(やらかしそうな要注意団体)に入ってる団体にはオーナー自ら釘を刺していました。

【改善のための行動】
大変なことを改善するために頑張ったのは、お客さんへの声掛けですね。
だいぶフラフラした人がいたらその人の周りの人に「お水をお持ちしましょうか?」ときいて、吐かれる前に酔いを少しでも和らげようとしていました。




【現在の状況と心境の変化】
現在でも同じ居酒屋にいますが、コロナの影響で出勤自体かなり減ったので、他のバイトをしながら、最近はのんびり暮らしてます。
出勤しなくなったし、そもそも団体客が取れなくなったので上記のような嫌な出来事に遭遇することも減りましたが、その分人との会話が減りました。
結構バイト仲間と普段も話していたので、バイトという共通の話題がなくなったことで、交流が減ってしまいました。

【学んだこと】
人間だれしも嫌な部分や汚い部分があるんだと学びました。
自分のお酒との付き合い方も考えさせられたし、良い幹事の所作もみれたのは良かった部分かなと思います。



【当時の自分へのアドバイス】
お酒の作り方は、まずはカクテルの名前を覚えてからとアドバイスしたいです。
カクテルの名前を覚えれたら注文も聞き取りやすいし、作るのもやりやすい。
あと、お客さんのさばき方が上手な先輩の所作をガン見してでもよく見て覚えてと言いたいです。
先輩が卒業してから後悔しても遅い。
自分にはない引き出しは人から学ぶしかない。