【カフェのキッチン・社員】朝出て帰りは終電。忙しすぎて彼氏とも別れる。飲食店は忙しいしプライベートがあまりなかったけどあの経験があるから今がある

【カフェのキッチン・社員】朝出て帰りは終電。忙しすぎて彼氏とも別れる。飲食店は忙しいしプライベートがあまりなかったけどあの経験があるから今がある

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
25歳

【当時の職業】
カフェのキッチン業務

【当時の住まい】
賃貸アパートに一人暮らしで住んでました。
職場から家まで電車で50分くらいかかっていて慣れたら近くに引っ越そうと思っていて頑張って通ってました。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
元々大手チェーン店のカフェで働いてラテやお菓子作り、料理などマニュアルじゃなくて極めたいと思ったからです

【環境と仕事内容】
キッチンでサラダの盛り付けや野菜のカットなどの仕込み、デザートなどのお菓子作りと忙しいときは料理の提供とホールを手伝ったりしてました。
そんなに大きい規模のお店ではなかったのでシェフ1人、マネージャー1人、バリスタ1人、キッチンアシスタントで私、ホールが学生含めて3人とパン職人が2人でした。
休日は不定期で週1回のお店の定休日が休みという感じでした。
シフト制ではなかったのと人数が少なかったのでこの人数で回してました。

【大変だった時期】
25歳で転職して入ってからずっと大変でした




【大変だったこと】
朝は9時30分くらいに出勤でしたがまず満員電車のラッシュに巻き込まれるため50分かかるところ混雑も見越して家を出てたのと帰りも終電ギリギリまで仕込みがかかってしまうことが多くて家に着く頃には0時30分を回ってしまう日が多かったです。
体力的にとてもキツくて休みも決まった休みがないのでプライベートもなにもなかったです。
休みの日はとにかく寝て体を休ませての繰り返しでした。
人間関係はシェフは結構厳しかったですが私も反抗してたので割と和気藹々とやってたような気もします。
でも休みが無さすぎて他の従業員と毎日愚痴を言ってました。
仕込みも私は慣れてなかったので大変でしたし、予約が入ってる日は一応営業時間も延長されたりで最後の片付けもあったりでとにかく拘束時間が長すぎました。

【大変だった期間】
私は体力的に無理だったので3ヶ月で辞めてしまいましたがその後同僚に話を聞いたらやっぱり現状は変わってないと言っていたので続いてたと思います




【当時の心境】
毎日朝早く出て夜遅く帰ってきて私の親はとても心配してました。
私も夜遅く帰るのは怖かったです。
あとは毎日毎日朝憂鬱でした。
その頃プライベートでも予定が全然立てられないほど忙しくしてたので付き合っていた彼と別れてしまって結構メンタル的にもどん底でした。
大変なときに支えたもらえてた相手が居なくなってしまってかなりしんどかったです。

【職場が大変だった原因】
リニューアルオープンして今まで働いていた人がほぼ辞めてしまって新メンバーでのオープンだったのでまだ新しい人も入ってきてないし慣れない人ばかりで勝手がわからなかったのが原因かと思います。




【仕事で良かったこと】
私はラテアートやデザート作りなど結構好きだったので美味しくできたり私が作ったデザートをお客さんが美味しいって食べてくれる姿をみてやっぱり嬉しいなと思いました。
あとはやっぱり厳しかったシェフにちょっとでも褒められたりするとめちゃくちゃ嬉しかったです




【特にひどかった最悪の出来事】
私が体調を崩してしまったことがあって仕事中も立ってるのも辛くて苦しかったのですがランチのピーク時はどうしても欠員が出るとと言われてしまい出勤してから辛かったけど休めずにランチを乗り切らなきゃ行けなかった時です。
忙しいのはわかるけどこっちも熱で大変だったのにそういう気遣いがしてくれなかったのは辛かったのとそのあと病院行っていいよと言われ職場の近くの病院に行きました。
診察終わってお店に戻ったら薬飲んだら行ける?と言われてスパルタすぎて引きました。
結局その日は早く帰らせてもらいましたが風邪で辛い時にまで体調の心配じゃなくお店の心配しかしてくれなかったことについては結構ショックだし私も体調管理がしっかりできてなくて落ち度はありますがひどいなと思いました。




【相談した人・助けてくれた人】
同じ職場の先輩です。
結構私のことを最初から気遣ってくれてシェフに厳しいことを言われても慰めてくれたりメンタル面でも支えてくれました。
時々ご飯に誘ってくれたりして愚痴を言う場を与えてくれたり辞める時も相談に乗ってもらったりしました。

【改善のための行動】
私は仕込みが遅かったので先輩に効率の良いやり方など教えてもらいました。
そしたら少しは捗ったりしました。
そしたら少しは仕事が早く終わらせられたり明日やる仕込みの下準備など効率よくできるようになった気がします。




【現在の状況と心境の変化】
あの時は本当に苦しくて限界で勢いもあって辞めてしまいましたが今思うと大変だったけどいいものを作っていたと言う自信はあるのでもう少し頑張っていればなにか物になっていたのかなと思う時があります。
今は全然違う仕事に就いてますがカフェなどは好きなのでよく巡ったりしてます。
私ももう一回働いてみたいなとも思うのでなにか活かせることがあったんじゃないかなとちょっと思います。

【学んだこと】
辛くてももう少しよく考えて決断するべきだなと思います。
今の仕事もすごく嫌で辞めたいですが勢いで辞めてしまうのはよくないなと学んだので我慢することも必要だなと思ってます。



【当時の自分へのアドバイス】
その当時は毎日毎日仕事に追われて寝る暇もなくて大変だったけど何かに打ちこんだり極めたりするのはいつまでもできることじゃないからもう少し忍耐強く頑張ってと言ってあげたいです。
今は結婚もしてやりたくてもやれない仕事だなとつくづく思うからです。
やっぱりやりたいことを極めてる人はかっこいいなと感じるのでもっと頑張ってと言いたいです。